文字サイズ変更

活動報告ブログ - 2016年8月

2016年08月21日(日)

8月21日 小金魚たち

皆さん、こんにちは。

本日の日曜日は完全Off日。
早朝散歩も少し長めに、6.39kmを1時間20分ほどかけて。

 で、道中、2つの?を発見。

 1つ目は、篠山川土手のマッシュルーム?
13925082_1097760140316382_2862617711593011753_n 14039971_1097760160316380_2750155506540226999_n
 見た目も感触もマッシュルーム。
 つま先でちょこんと蹴ると、コロンと倒れてしまいます。

 で、この写真をFBにUPすると、早速にコメントが。
 写真付きで名前まで教えていただきました。家に帰って図鑑を開くよりはるかに速い。さすが情報社会。

 それによると、「フスベダケのなかま」とのこと。
 『食用可能だが、美味ではないが不味でもない。また、馬勃の名前で漢方薬としても利用されている。』とも。

 うちの食いしん坊犬も、あまり興味を示しませんでしたから、きっと不味いのだろうとは思いましたが (^^;

 もう1つの?は、お堀を泳ぐ小金魚の群れ。
 つい数日前までは、目にすることのなかった光景です。
13906606_1097760186983044_8880580829631800212_n
 篠山城のお堀には、ブラックバスや雷魚、ブルーギルといった外来魚が結構幅を利かせており、また、サギ類も餌場にしていますので、目立つ金魚や色鯉の稚魚の生存率はかなり低いと思われます。

 が、突如として現れたこの子金魚の群れ。

 まァ、この原因、おおよその見当は付きます。
 子供の頃から、この時期限定でしばしば見られた光景です。

 謎解きのキーワードは、「デカンショ祭り」「金魚すくい」といったところでしょうか。

 さて、この光景、長くとも1週間は続かないでしょう。
 今までもそうでした。
 生存率は極めて低いです。

 金魚はお家の水槽か、お庭の池で育ててあげるのが一番です。

 

群れる金魚は、昔から何故かデカンショが終わると、お堀で見られる光景です😞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です