文字サイズ変更

事務所からのお知らせ

2008年02月06日(水)

地域の課題

皆さん、今日は。
 2月29日に一般質問をします。そのための準備をしているのですが、やはりこの地域の課題を取り上げていきたいと思っております。県民局の件、地域医療の件、産業の件、教育の件等々について、関係機関との調査や現場の意見等をうかがいながら、質問を作成中です。
 地域医療に関しては、本日の報道にもありましたように『兵庫医大存続問題』が、まだ落ち着いておりません。医大側の新提案は、基本協定書(案)からすると『振り出しに戻る』様な感じがします。
 全国各地の地域医療問題で『医師不足・病院経営の厳しさ』この根本が付きまっとってくる限り、対処療法で応じるには限界があると思います。また、「医は仁術」に甘えてばかりではいられない現実があります。
 医師や教師、警察官等々その職に就いた人の、高い「職業倫理」意識にシステムそのものが支えられてきたような現場で、そのような人材を供給し続けられる社会風潮かと考えると甚だ?です。
 テレビでは、一家の父親が「小さい白い犬」で、その犬の職業が「学校の教師」というそれぞれの立場を揶揄した様なCMが流され、誰も疑問に思わず、そのCMを見て「あはは」と笑う一家団欒。計画的に借金をするのが『大人のマナー』と諭すCMも有ったりで。
 話を戻して、各方面で課題について伺っておりますと、根底には同じような原因がある様です。
お知らせ:                                                                       2月29日(金)兵庫県議会小西隆紀一般質問傍聴会を開きます。
                         ご参加をお待ちしております。

コメントは受け付けていません。